チャオのベトナム旅行記ブログ

ベトナム旅行と起業をして感じた事。観光スポットやおすすめの場所、ベトナムビジネスについて感じた事を記します。



ベトナム地図、日本語版を手にいれる方法

      2015/11/06

ベトナムに旅行に行く日本人はどんどん増えている。しかし、まだまだベトナム現地の情報はオープンではないとつくづく感じる。

その理由のひとつが、若者でベトナムに働きに行くものがまだまだ少ないがために、情報拡散がまだまだ少ない。ベトナムに住んでいる駐在妻がなまなましい情報を配信しているが、現地密着型の情報が多い。

ベトナム地図、日本語版を手にいれる方法は2つ。

  • HISが配布しているベトナムの地図は質が良い!
  • ベトナムで日系フリーペーパーをゲット!

HISで地図をゲット

ベトナム マップ

ベトナムの主要都市、ハノイやホーチミンH,I,Sでベトナムの日本語版地図を無料で配布している。買い物スポットやフォーが美味しい場所など、事細かに載っている。じゃらんやるるぶ、ことりっぷなども日本語の地図がついているが、情報更新に1年以上かかるので、発展途上国では情報がどんどん変わるので、アテにならない事が多い。

日系フリーペーパーで情報をゲット!だが。

日系のフリーペーパーとHISの違いから先に述べたいと思う。フリーペーパーは掲載する企業側がお金を払って広告をしている。ので、ローカルな情報というよりも、広告をしている飲食店やら場所などへいく事になる。

その点HISの日本語マップは、市内の地図を掲載しており、その地図上でオススメの場所を掲載している。

しかし、その中でも得に有益な情報を配信しているのが、ベトナムスケッチだ。現地の最新情報をネットで配信していたり、ベトナム人でも日本人対応が出来るお店を紹介しているので、空港に置いてる事は見た事ないが、ホテルに着いたらゲットしてほしい。それでもない場合は?

それでもない場合は、日系料理屋に入ればすぐに見つかります。

チャオもベトナムの事だんだんと詳しくなってきたので、これからはマップでも作ろうかな。

 

 

まとめ

ベトナムの日本語マップを手にいれるには、現地のホテルか日系料理で手に入れろ!


 - ベトナム旅行, 地図